Big Wins

「大差がつくゲーム」について。2022年ワールドカップアジア二次予選で14対0の大差がついたモンゴル対日本。大差がつくゲームが公式戦でいいのか?という疑問。なぜこういうミスマッチが起きるのか。予選の仕組みの問題について議論。

Episode Notes

2022年 ワールドカップアジア二次予選で、日本代表は9人の選手が得点するなど、モンゴル代表を14-0で圧倒しました。現在、FIFAランキング190位のモンゴルは、日本の34本のシュートに対し、わずか2本のシュートしか放つことができませんでした。

日本代表にとっては、1967年のフィリピン戦(15-0)に次ぐ、2番目の大差での勝利でした。試合は5点差でハーフタイムを迎え、サムライブルーは後半のわずか11分で4点を含む、9点を奪いました。

Comments & Feedback

Maybe you missed these episodes?

© 2021 Football & English